ホーム > 未分類 > Ruby会議2009 1日目

Ruby会議2009 1日目

去年に続き、今年もRuby会議に参加しています。参加したセッションで気になったことなどをメモ。

Scott Chacon氏「Using Git and GitHub to Develop One Million Times Faster」

gitいいよ、どんどん使って。という話

  • オフラインな状況でも使える
  • ローカルに対する操作だから速い
  • ブランチ、マージが楽
  • githubとか探せばプロジェクトもいっぱいある

というような話だったように思う。英語自信なし。

いくつかプロジェクトをgithubでwatchしてはいるものの、自分ではまだほとんど使っていません。ちょっと使ってみようと思います。

高井 直人氏「『エンタープライズRails』に学ぶ企業ユーザのためのRails活用の極意」

ご自身が監訳された書籍を紹介しつつ、その内容について講演。「きっと業務に対してrubyをどう適用したらいい結果がでるか、常日頃考えているんだろうな」という印象を受けました。こういう方、尊敬しちゃいますね。

  • 企業にとって最も重要な資産は「データ」
  • データ中心アプローチのメリットを整理
  • RailsにおけるDOAとの類似、相違を整理
    • 類似: モデル中心、CRUD分析重視
    • 相違: データモデルを重視しない、業務ルールはアプリケーション層のみで実現

くらいを導入として話された後、書籍の内容をいくつか紹介

  • データベースの制約をうまく使ってデータを保護しよう
    • NOT NULLだけでなく、チェック制約、外部キー制約など
    • モデルのバリデーションはあくまでユーザー向け
    • マイグレーションではexecuteでテーブル定義
  • 複合主キーを使う
    • 複合主キーだと、無駄なSQLを回避できるなどメリットもあるよね
    • composite_primary_keysプラグイン使って
  • データベースビューを利用する
    • 多数のJOINが必要な場合などは、ビューを定義してそれを参照するARを用意するとシンプルになるよ

セッション後は会場内の書籍売り場が、購入希望者でいっぱいでした。

Yehuda Katz氏「From Rails to Rack: Making Rails 3 a Better Ruby Citizen」

このセッションの英語はあんまり理解できなかった…。だいぶ雰囲気。

Rails3では各種コンポーネントへの密結合を解消し、rubyの色んな資産と協調していくよ、という話。たぶん。
そのためにAPIを定義しなおし、インターフェイスさえ揃えれば他のコンポーネントを利用できるようするみたい。具体的にコードを交えて説明してくださいました。

ActiveSupport::Concernのdepends_onメソッドが気になりますね。AOPっぽいことをスマートに表現してる印象。ちょっと違う?

明日も朝から参加なのでいいかげん寝ます。

カテゴリー: 未分類 タグ: ,
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。